2017年2月3日金曜日

switch for Tascam

 叩き用スイッチ第2弾!


Tascam SS-CDR200/R200用のリモコンスイッチをリニューアルしました。


今回、現場からの要望をさらに反映させ、
パーツ、回路構成、サイズとブラッシュアップ。
現場での使い勝手を考え、大幅な仕様変更を行いました。


現場からの要望、大きくは2点。
・客席での気にならないボタンの静穏化
・延長スイッチのコンパクト化、保護カバー追加



要のスイッチは、静穏でありながらクリック感のあるものを新たに選定。
前作に比べボディはコンパクト化していますが、適度なストロークはしっかり確保。
(Inter BEEでスイッチを押しまくっていた人間を見た方もいらっしゃるかも…)

スイッチの発光色もデッキに合わせています。
輝度も良い具合に調整。
回路も安定動作するよう見直し。
もちろん再生スイッチの延長入力も装備しています。

デッキへのケーブルも細く柔らかくなり、とり回し易くなっています。




延長用再生スイッチはコンパクトかつ安全に。

まず、キャノンコネクタは一体化しました!


握り心地も良い感じです。
そして誤動作防止の「ふた」


バネ付なので自動で閉まります。
これで机の上に転がしていても大丈夫。





そして今回、追加パーツとして変換ケーブルを作製しました。


このケーブルで、リモコンがCD-500Bにもつながります!



これでさらに様々な現場、シチュエーションで使えるセットと
なったのではないでしょうか。



MUSA Enterprise / 西村 宙明



0 件のコメント:

コメントを投稿